トップページ > クレジットカード ポイント活用術「PontaとJMBローソンPontaカードvisa」 


クレジットカード ポイント活用術
「PontaとJMBローソンPontaカードvisa」


クレジットカード比較/口コミランキングがご提供するクレジットカード ポイント活用術。今回は「PontaとJMBローソンPontaカードvisa」です。参考になさってください。

クレジットカード ポイント活用術
「PontaとJMBローソンPontaカードvisa」

PontaはTポイントの対抗馬として登場した共通ポイントカードです。Tポイントと同様、さまざまなお店でPontaを貯めることができます。

Tポイントのライバル店で貯まったり、使えたりすることがほとんどですので、TポイントもPontaも同時に貯まるお店はありません。

このため、TカードとPontaカードは2枚とも持っていたほうがポイントの取りこぼしは少なくなります。

TポイントとPontaは両者とも「100円につき1ポイント付与」と書かれているのですが、「税込」か「税抜」かは、利用する提携企業によって変わります。

例えばファミリーマートでTカード提示の場合は100円(税込)につき1ポイント。ローソンでPontaカード提示の場合は100円(税抜)に付き1ポイント付与されます。

1ポイント(1ポイント=1円)単位で使えるというのはTポイントと同様です。

ポイントの交換先についてTポイントがANAのマイルということは、PontaはJALのマイルとなります。

ただし、クレジット機能のある「JMBローソンPontaカードvisa」を持っている会員のみ交換が可能ですので、一般のPontaカードのポイントをJALマイルに交換することはできません。JALのマイルにすべてのポイントを集約したい方のみJMBローソンPontaカードvisaを申し込みましよう。2ポイントで1マイルと少ないポイントから交換することができます。

「JMBローソンPontaカードvisa」は「ファミマTカード」と違い税金や切手等を支払うことができませんし、一般加盟店での還元率は0.5%(1000円〈税込〉につき5ポイント)ですので、JALマイルを考えていない方は、わざわざクレジット機能のあるカードを申し込む必要はありません。

さまざまな加盟店で発行されている、クレジット機能の付いていないPontaカードを作成しましょう。

参考にしてみてください。

実際にお得なクレジットカードを調べるなら! >> クレジットカード比較ランキング

クレジットカード ポイント活用術

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
クレジットカード ポイント活用術

目次

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
各クレジットカードの口コミ
初心者のためのクレジットカード講座
クレジットカード選びの基本
クレジットカード ポイント活用術
クレジットカード審査の仕組みと歴史
クレジットカードの犯罪種類
クレジットカード業界の基礎知識
クレジットカードの基本

クチコミ募集中

クレジットカードに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

運営者情報

運営者:最新版!クレジットカード比較

連絡先:mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

PAGE TOP