トップページ > クレジットカードの基本「巧妙化するカード犯罪」


クレジットカードの基本
「巧妙化するカード犯罪」


クレジットカード比較/口コミランキングがご提供するクレジットカードの基本。今回は「巧妙化するカード犯罪」です。参考になさってください。

クレジットカードの基本
「巧妙化するカード犯罪」

1.あなたのカードがねらわれている

キャッシュカードにクレジットカード、電子マネーにポイントカードと、今や、現金以上に私たちの生活に入り込んでいる各種カード類。そんなカードに関する犯罪が頻発しています。

特にキャッシュカードやクレジットカードが、犯罪者の格好のターゲットとなっています。しかもねらっているのは、ハイテク技術を持った組織的な犯罪者です。

キャッシュカードやクレジットカードは、かたちを変えた「お金」です。現金の取り扱いには慎重でも、カードとなると気軽に扱ってしまいがち。

また最近では至るところでクレジットカードの取得を勧めるため、カードの管理だけでも一苦労です。しかしルールを守っていれば、犯罪のほとんどは防ぐことができます。

2.カードの盗難

財布ごと盗まれて、一緒に入っていた免許証などからカードの暗証番号を推測しお金を引き出されたり、買い物に使われたりすることがあります。

クレジットカードの番号と有効期限を使ってネットショッピングに利用されることもあります。

盗難には、空き巣やスリなどの窃盗被害に加えて、駐車中の自動車内をねらった窃盗、電車で眠り込んでいる人から盗むケース、居酒屋などで財布の入った上着を体から離しているときに盗むといったケースなどいろいろあります。

盗難に気づいたときは、すぐにカード会社と警察に届け出てください。クレジットカードでは届ける前の一定期間と届け出後の不正使用は補償の対象になっていますから、消費者が支払い義務を負うことはありません。

3.スキミングとは

情報を盗むことを「スキミング」と言います。クレジットカードの磁気ストライプ情報が盗まれて、まったく同じ情報を持つ偽造カードが作られ、ショッピングに悪用されるというものです。

ゴルフ場やスポーツクラブのロッカーに入れておいたカードが被害にあったり、自宅に泥棒が入ったが何も盗られていなかったと思っていたら、カード情報を盗まれていたというケースもあります。

カードそのものではなく情報だけを盗むため、被害に気づきにくい点が特徴です。

対策としては、利用明細書の確認をしっかり行い、使った覚えのない請求があったときは、すぐにカード会社に連絡することです。

4.クレジットカードを持つ責任

クレジットカードにまつわる犯罪は、その手口がどんどん巧妙になっています。既に分かっている被害の事例に対応しているだけでは、新たな犯罪に対応できないかもしれません。

しかし、どんな手口であっても、カードを使う人がカードをしっかり管理し、お客様控えと利用明細をきちんと突き合わせることが最も重要な対策になります。クレジットカードを持つことは、その責任も一緒に持つことです。

そのためには、あまりたくさんのカードを持たないことです。

>> 最新版!クレジットカード比較ランキング

目次

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
各クレジットカードの口コミ
初心者のためのクレジットカード講座
クレジットカード選びの基本
クレジットカード ポイント活用術
クレジットカード審査の仕組みと歴史
クレジットカードの犯罪種類
クレジットカード業界の基礎知識
クレジットカードの基本

クチコミ募集中

クレジットカードに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

運営者情報

運営者:最新版!クレジットカード比較

連絡先:mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

PAGE TOP