トップページ > クレジットカードの犯罪種類「クレジットカード関連の主要判例/刑法(7)」


クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード関連の主要判例/刑法(7)」


クレジットカード比較/口コミランキングがご提供するクレジットカードの犯罪種類。今回は「クレジットカード関連の主要判例/刑法(7)」です。参考になさってください。

クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード関連の主要判例/刑法(7)」

クレジットカード・キャッシングカード等に関連した主要刑事判例は以下のとおりとなります。

1.刑法

(7)殺人(199条)、死体遺棄(190条)、詐欺(246条)、窃盗(235条)、横領(252条)、有印私文書偽造(159条)、公正証書原本不実記録(157条)

・福岡地裁小倉支判平成15・3・10

殺人、死体遺棄の前科がある被告人が、他人の土地を無断で売却することを企て、住民台帳ファイルに不実の記載をして土地所有者になりすまし、高校の同級生である被害者と土地売買契約を締結して450万円を詐取、その後被害者を殺害して現金とクレジットカードを窃取し、遺体を山中に遺棄した事例。無期懲役。

(続く)

参考にしてみてください。

>> 最新版!クレジットカード比較ランキング

クレジットカードの犯罪種類

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
クレジットカードの犯罪種類

目次

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
各クレジットカードの口コミ
初心者のためのクレジットカード講座
クレジットカード選びの基本
クレジットカード ポイント活用術
クレジットカード審査の仕組みと歴史
クレジットカードの犯罪種類
クレジットカード業界の基礎知識
クレジットカードの基本

クチコミ募集中

クレジットカードに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

運営者情報

運営者:最新版!クレジットカード比較

連絡先:mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

PAGE TOP