トップページ > クレジットカードの犯罪種類「クレジットカード関連の主要判例/刑法(1)」


クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード関連の主要判例/刑法(1)」


クレジットカード比較/口コミランキングがご提供するクレジットカードの犯罪種類。今回は「クレジットカード関連の主要判例/刑法(1)」です。参考になさってください。

クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード関連の主要判例/刑法(1)」

クレジットカード・キャッシングカード等に関連した主要刑事判例は以下のとおりとなります。

1.刑法

(1)詐欺(246条)

・京都地判平成13・9・21

・大阪高判平成14・8・22

・最判平成16・2・9

被告人は、他人名義のクレジットカードの名義人になりすまし、同カードを利用しガソリンを購入したとして詐欺罪を宣告された。

控訴審では、他人名義のクレジットカードを加盟店に提示し商品の購入を申し込む行為は、たとえそのカードが不正に取得されたものでないにしても、当該カードの正当な使用権限を偽るものとして欺もう行為に当たり、これにより使用権限を誤信した店員が商品を提供した場合は、詐欺罪が成立すると解される。

詐欺罪を認めた原判決を正当とした事例。懲役10月。

・神戸地判平成14・9・11

暴力団構成員の被告人が、Aと共謀し、Aがスナックで飲食しクレジットカードで代金を支払ったように偽装して、カード会社を欺き、立替金を詐取した事例。懲役1年4月。

・神戸地判平成18・7・19

被告人が氏名不詳者と共謀のうえ、自動車運転免許証を偽造し、これを使って消費者金会社からキャッシングカードを受け取り、現金を詐取した事例。懲役2年6月、1,107,733円を没収。

(続く)

参考にしてみてください。

>> 最新版!クレジットカード比較ランキング

クレジットカードの犯罪種類

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
クレジットカードの犯罪種類

目次

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
各クレジットカードの口コミ
初心者のためのクレジットカード講座
クレジットカード選びの基本
クレジットカード ポイント活用術
クレジットカード審査の仕組みと歴史
クレジットカードの犯罪種類
クレジットカード業界の基礎知識
クレジットカードの基本

クチコミ募集中

クレジットカードに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

運営者情報

運営者:最新版!クレジットカード比較

連絡先:mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

PAGE TOP