トップページ > クレジットカードの犯罪種類「クレジットカード関連法の目的・ポイント(10)」


クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード関連法の目的・ポイント(10)」


クレジットカード比較/口コミランキングがご提供するクレジットカードの犯罪種類。今回は「クレジットカード関連法の目的・ポイント(10)」です。参考になさってください。

クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード関連法の目的・ポイント(10)」

クレジットカードに関連する主な法律の目的・ポイントは以下のとおりとなります。

・破産法:平成17年1月1日施行

1条 目的 この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。

・行政機関の保有する情報の公開に閲する法律:平成13年4月1日施行

1条 目的 この法律は、国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務を全うされるようにするとともに、国民の適確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とする。

・偽造カード等及び盗難カード等を用いて行なわれる不正な機械式預貯金払戻し等から預貯金者の保護等に関する法律(略称:偽造カード預金者保護法):平成18年2月10日施行

1条 目的 この法律は、偽造カード等又は盗難カード等を用いて行なわれる不正な機械式預貯金払戻し等による被害が多数発生していることにかんがみ、これらのカード等を用いて行なわれる機械式預貯金払戻し等に関する民法(前3編明治29年法律第 89号)の特例等について定めるとともに、これらのカード等を用いて行なわれる不正な機械式預貯金払戻し等の防止のための措置等を講ずることにより、これらのカード等を用いて行なわれる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護を図り、あわせて預貯金に対する信頼を確保し、もって国民経済の健全な発展及び国民生活の安定に資することを目的とする。

(続く)

参考にしてみてください。

>> 最新版!クレジットカード比較ランキング

クレジットカードの犯罪種類

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
クレジットカードの犯罪種類

目次

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
各クレジットカードの口コミ
初心者のためのクレジットカード講座
クレジットカード選びの基本
クレジットカード ポイント活用術
クレジットカード審査の仕組みと歴史
クレジットカードの犯罪種類
クレジットカード業界の基礎知識
クレジットカードの基本

クチコミ募集中

クレジットカードに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

運営者情報

運営者:最新版!クレジットカード比較

連絡先:mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

PAGE TOP