トップページ > クレジットカードの犯罪種類「クレジットカード偽造」


クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード偽造」


クレジットカード比較/口コミランキングがご提供するクレジットカードの犯罪種類。今回は「クレジットカード偽造」です。参考になさってください。

クレジットカードの犯罪種類
「クレジットカード偽造」

クレジットカードは私文書とみなされます(1981年2月5日最高裁判決)。

2001年7月に改正された刑法上では電磁的記録と位置付けられ、163条の2以下で厳しく取り締まられています。

一方、テレフォンカードは、有価証券として扱われます(1991年4月5日最高裁判決)。

2001年の刑法改正前においては、罰則が比較的軽微であったこと、スキミングという技術が登場したこと、ICチップがいまだ使用されていなかったこと、外国人カード偽造団が密入国してきたこと、等もあってカードの偽造は極めて盛んでしたが、その後、刑法の改正、偽造しにくいICカードの採用、不正検知システムの普及等により、下火になっているようです。

カード偽造拠点は当初はマレーシア等海外にあり、出来上がったカードを空輸してくるケースが多かったですが、その後、日本でも拠点(マンションの1室を借りるなど)が摘発されるようになりました。

2008年7月、警視庁はナイジェリア人2名をクレジットカード偽造の現行犯で逮捕したが、彼らは偽造に必要な機器をすべてコインロッカーに預け、偽造するときはこれを漫画喫茶店に持ち込んでカードを作っていました。

警視庁は「拠点を持たないカード偽造事件は珍しい」と言っています。

ご注意ください。

>> 最新版!クレジットカード比較ランキング

クレジットカードの犯罪種類

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
クレジットカードの犯罪種類

目次

クレジットカード比較ランキング/トップページ
最新版!クレジットカード比較ランキング
(2019年10月)New!
各クレジットカードの口コミ
初心者のためのクレジットカード講座
クレジットカード選びの基本
クレジットカード ポイント活用術
クレジットカード審査の仕組みと歴史
クレジットカードの犯罪種類
クレジットカード業界の基礎知識
クレジットカードの基本

クチコミ募集中

クレジットカードに関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。

評価/口コミを投稿する

メールの場合はこちらから mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

運営者情報

運営者:最新版!クレジットカード比較

連絡先:mail@クレジットカード比較口コミランキング.com

PAGE TOP